技術と美観を追求する日成産業株式会社

沿革

トップ > 沿革
昭和51年
道路土木資材商社として、現会長浪岡明彦、古河アルミニウム工業㈱、
天野アルミニウム㈱の出資に依って設立。浪岡明彦が代表取締役に就任
昭和54年
伏古事務所及び役宅を建設(土地430㎡ 建物264㎡)
昭和55年
石狩市新港に土地4,175㎡を購入
昭和56年
資本金を2,000万円に増資する
東北営業所を秋田県大館市に開設
昭和57年
開発費1,000万円を投じ、エキスパンションジョイント スーパーリードの開発に本格的に取り組む
昭和58年
資本金を5,000万円に増資する
昭和59年
建設大臣許可(般-59)第10981号を受け、道路維持補修部門を設ける
スーパーリードエキスパンションジョイント橋梁等に10橋程採用される
昭和60年
北海道石狩市新港に日成産業㈱ 石狩センターを建設(1,060㎡)し、開設
平成2年
資本金を1億円に増資する
平成5年
資本金を1億5,000万円に増資する
平成7年
資本金を2億円に増資する
日成産業㈱本社を札幌市北区から札幌市東区に移転する
平成10年
天野アルミニウム㈱、古河電工㈱の全株式を浪岡明彦が取得し、
浪岡明彦が100%オーナーとなる
平成12年
七階建て北海道極真会館ビルを購入する
平成17年
日本ゼニスパイプ㈱世界遺産知床公園に高エネルギー吸収型ループフェンス設置
平成20年
スーパーリードエクスパンションジョイント橋梁用伸縮継手として採用され、
1万橋を超える
北海道小樽市に小樽営業所を開設
平成24年
宮城県仙台市に東北営業所を開設
平成26年
特許第5572174号、モジュール型橋梁用伸縮装置の新型、特許を取得

プライバシーポリシー